商売道具だよ

パソコンと、通信インフラが商売道具。
それに加えて、私の場合、各種の楽器や、作家志望者用参考書、絵描き参考書、および、ちょっとここに書けない資料の山(いかがわしい物ではない)。
これらも大切な商売道具です。

どうしたもんだか、今日は何だか停滞しちゃった感じがあるなぁ。
ま、いいか。そういう日もあるよ、うん。

好きでこの仕事をやっているので全然、苦にならないんだよなぁ。
普通はもっと苦悩するんだろうけど・・・

あ、今日はもうここまででいいや。

カテゴリー: 種々雑多 | 商売道具だよ はコメントを受け付けていません。

もう一回整理してみよう、いや何度でも

している事がどう流れて、どんな風に何につながっているのか?
そして、それが自分の目的地にきちんとたどり着くものなのか?
冷静になって考える必要があると判断。

こういう軌道の調整は、度々行って良い。
一番いけないのは、おそらくは一発で成功しようとして、準備をしたり情報を集めている内に、情報を集める事に忙殺されて、何もしない事。
思いがけない状況で、月々だいた3千円程度、某所から振り込まれる状態になっている。
狙ってそうなったのではなく、結果的にそうなっているのが、まだまだ私の不勉強。
概略の計算だけれど、同様の状態を狙って作れるなら、最低でも月に三万円弱、ほぼ何もしなくても振り込まれる計算になる。

現実には、その十分の一の金額。さあ、分析してちょっとずつで良いから解決しよう。
とにかく、何もしないのが一番ダメ。まず走り出す。走りながら、目的に近づいている所と、そうでない所を見極めて、寄せていく。

こういうのは、工学屋さんが得意だそうな。特に電気工学、電子工学。
物理屋さんは、ひたすら「なぜそうなるか」の確認に没頭する。
電気電子工学の人は、とりあえず定型の回路で似た物とか、すでにあるプログラムで類似の物を作って、それらしく動かし、目的とズレている所を動かしながら調節する。

私は工学部の電気工学科の出身なので、そういうのは基本的には得意なはず。
今までは、健康上の理由、親と同居のため(長男)、事故でケガをして、などに邪魔されていたのだけど、各種条件が整い、そういうメンドウな手かせ足かせが、ほぼなくなったから、こうやって伸び伸びとブログを書いていたりするのですよ。あははは。

・・・仕事や稼ぐための勉強、まだ残ってんだろ、やれよな>自分

カテゴリー: 種々雑多 | もう一回整理してみよう、いや何度でも はコメントを受け付けていません。

マジ、ググれよ!それでダメなら有料で手に入れろ!

仕事の都合で、HTML5のテキストを書く事になりました。
HTML5より前のはかなり手打ちで書いていたんですけど、このバージョンにしたのは、何といっても<audio>タグがあるから。

取扱商品に、【R-18】の物があり、かつては規制があまりなかったYouTubeにアップして、そこで試聴してもらって、販売サイトを紹介、という手順でした。
最近、YouTubeの規制がギシギシに厳しくなり、サワリの部分だけだと言うのに、
「消しなさい!」
という穏やかな注意を頂きました。
(全然、穏やかじゃないな、この書き方だと)

代替策を考え、自分のチームで維持しているサーバー上に宣伝用のページを作る事にして、そこを経由して宣伝して、と考えたら、試聴音声の再生の機能や、Twitterで宣伝した時、宣伝画像と宣伝の文章のとっかかり(ヘッドライン、と言えばいいかな?)を表示しなくちゃいけない。

HTML5(CSSを含む)の書籍を購入し、あとはネットで検索して、乗り切りました。
今時、大抵の小技はネットで見つかるし、ドーンとまとまった情報はきちんと検索すれば参考書がちゃんと見つかるのです。

あとは、検索のキーワードをいかに早く見つけるか、見つけた情報が必要なものかどうか、確認する方法も見つけなくちゃ、というあたりかな。
とにかく、書籍探し、情報探し、検索でかなり乗り切れる時代なんだよ、うん。

カテゴリー: 種々雑多 | マジ、ググれよ!それでダメなら有料で手に入れろ! はコメントを受け付けていません。

予定外

なんだかなぁ~
知人、某の行動がさっぱりわからない。
わからないが、知人をやめる話はしていない。
何せ、住所も電話番号もお互い、知っているからなぁ。

それはさておき、予定外の事っていうのは、起きる。
今日は日曜日だったから、仕事は一切しないと決めていた。
ただし、金曜日に色々とあったから、仕事が出来なかった。

で、日曜日の今日なんだけどねぇ。
仕事はしないと決めておきつつ、夕方から後回しにしていた文章書きの仕事をしなきゃ、と突然思い立ち、なぜかイキオイがついて、一気にやってしまいました。

とか言いつつ、これについては終わった訳ではない。
しばらく様子を見て、効果が出なければブラッシュアップをする事になる。
何にしても、どんな事でも満足したらオシマイなのかな、と思う。
ちゃんと、きちんと伝わる様に、ブラッシュアップしよう。
もしくは、今の状態で伝わるか、きちんと見据えよう。

カテゴリー: 種々雑多 | 予定外 はコメントを受け付けていません。

だから、そういうのはダメだってば

昨夜、やむを得ない理由で、今朝四時まで眠るワケに行かなかった。
朝の目覚ましアラームは聞いた。そして次の作業開始のアラームも聞いた。
しかし、朝方まで起きていたのがたたって、行動開始は昼前位になったのでございます。

もちろん、そこでサクサクと必要な資料を作ったのは良しとしますが・・・
午後、またしても前の晩に寝なかったのが祟ったらしい。
某声優さんの声を、その方が出している商品でチェックしている途中、寝落ち。

寝落ちを誘う内容の商品ではあったし、その声優さんの声は、とても気持ちの良いものだったから、仕方ないと言えば仕方ないんだが、もうちょいしっかりしろよ、と自分に言いたくなる。

やらなきゃならない事が色々とあるでしょうが、アンタはさぁ、と自分に言い聞かせるのですよ。誰かが代わりにやってくれる訳じゃないんだからね、ほんとに。
このブログを書くのも、誰かに交代してもらうか、というとそうも行かない。

実際には、やりたい事で起業した場合、最終的にはその会社をちゃんと体系化して、他の誰かに高額で譲渡して、自分は次のやりたい仕事を起業する、というサイクルで株だけは持っておいて配当で食っていければ最高なのは、わかっている。

そうは言っても、他の人に任せられない事って、思いのほかあるんだなぁ。
まだまだ未熟だと思う次第です、ハイ。

カテゴリー: 種々雑多 | だから、そういうのはダメだってば はコメントを受け付けていません。

今日は昼寝してないけれど

はい、昼寝はしていません。私の記憶が確かなら。
しかし、読まなくてはいけないビジネス関連の書籍が、なかなか読み進められない。
何だかな―と思うのだけど、YouTubeにアップする動画を二本、用意していて、疲れ切ったので、読書まで力が回らなかったのです。

一人の人間のキャパシティには、やはり限界があるな、と思った次第。
実際、仕事の読書とは別に、仕事関連の文章を書く必要もある。
それらをするために、前倒しでYouTubeにアップする動画の録画を二本したから、明日には書籍と文章書きに力を注げるんじゃないかな?というか、明日以降はそっちに力を入れないと、日程上、色々とマズいのです。

ちゃんと日程を立て、それに間に合うために最善の策を練る。
それをしなきゃ、行き当たりばったりで、消耗するばっかりなのだと思う。
そうならないためには、
・何をしたいか、ちゃんと決める
・それを実際に行うために必要な物は何か確認する
・どの順番でそれらをやっていくのが効率的か確認
ここまでを可能なら紙に書きだし、ひたすらやるのみ。
やる事が決まっているのに、やらなきゃいつまでも「したい事」にたどり着けない。

こういう言われてみればわかり切った事なのに、なぜかみんな出来なかったり、途中で投げ出してしまう。自分も含めて、そういう失敗をする人は結構多い。
失敗した事がない人なんて、この世には多分いないし、成功している人だって山ほど失敗して、その成功にたどり着いているんだろう。
だったら、目標を決めてやってみればいい。ただただ、それだけなんだけどねぇ。

カテゴリー: 種々雑多 | 今日は昼寝してないけれど はコメントを受け付けていません。

まとまった用事をすると・・・

気が付いたんだけど、何かまとまった用事、特に仕事をすると・・・
集中して作業した疲れから、とても眠くなる事に気づいた。
ご褒美に、仮眠をする位なら良いのだが、思いのほか、長時間、寝てしまい起きてから、「うわ、しまった」となるのです。

とか言いつつ「眠る前に何をしたっけ?ああ、あれを全力で集中してやったのか」と、納得すると、その後で疲れて眠気が来るのは、慣れるまで仕方ないかな、と考えたりもする。人間の通常の集中力は30分程度しか保たないらしいし、ガチガチに集中するのは情けない事に10秒以下らしい。脳はきちんと使うと、疲れやすいのである。
決まり切った手作業なら7時間くらいはぶっ通しで出来るだろう、とは思う。
しかし、朝8時30分に始業しても、間で昼食の休憩や、3時休みは取るんだよ。

脳を守るなら、仕事で集中をした後は、きちんと休まないと、次の集中を始められないのは、仕方ない、と説明をさせて頂きます。
規格外の人で、何時間でも集中できるという人が同僚や上司にいたら、もう地獄だね。
「俺が出来るのに、お前は休むのか?」
とゴリ押しする馬鹿な性格の人なら、さっさと縁を切ったらいい。

何か真面目にしたら、ちゃんと休みをとる。それから、食事や睡眠も確保する。
そういう健康に必要なものを削って、万一心が壊れたら取り返しがつかない。
もちろん、身体をこわしても「ゴリ押しした馬鹿」が変わってくれる訳でもない。
心が壊れたら、復旧しない可能性だってある。
「ブラックな仕事を強制する連中」は、その過程で心や身体を壊した人の面倒を見るのではなく、落伍者として放り出すだけです。

カテゴリー: 種々雑多 | まとまった用事をすると・・・ はコメントを受け付けていません。

実は昨夜・・・

昨夜は、ちょっとした事で、徹夜してしまいました。
その反動で、昼間やるはずだった仕事が全くすすまず、情けない。
眠気に勝てず、寝てしまったのです。
やっぱり夜はちゃんと眠らないといけないな、私は。
人によっては、ほとんど眠らず、数日仕事して、一日ドカンと眠り、その翌日から、またほとんど眠らず、のサイクルをとる場合もあるらしいのだけどね。

私は食事を朝・昼・夜、と食べて、それなりの時刻になったら、きちんと眠りたい。
そのリズムの中で、必要な仕事をこなそうと思う。
腹が減っては仕事にならない、眠気がつらくても仕事にならない、もちろん人間らしい生活にもならない、というごく普通の話だ。

ブラック企業(はっきり書くが)に勤めていた頃、自分の仕事が一段落したので、夜中零時すぎに帰ろうとして「お先に帰ります」と言うと「もう帰るんですか」と、咎めるヤツが二人以上いやがった。冗談じゃない。心や身体を壊しても助けてくれん。どうするよ。
その会社は社則に「主任以上の肩書の者は、会社側利益代表者とし時間外手当はつかない」となっており、新卒の社員でも入社したとたん「主任」に任命。
つまり、時間外手当を一切出さない上に、真夜中すぎて翌朝まで仕事、そして朝八時半に出社せよ、という真っ黒な会社。

私のすぐ後に入った人が、その実情を労働基準監督署に連絡し、彼は解雇されたのだが、残った私たちには社長命令で「個人的に残業時間の記録をしているなら、自宅にある物も含めてその記録を廃棄せよ」という指示が出ました。

なお、しばらくして私もそこではやっていけず(まぁ、当然だな)そこを辞め、損ねた心と身体を休養させるために入院し療養、その後実家に帰り、今に至ります。
再就職しても似たような事になるだろうし、身体も痛めていたから、自分が出来る事で起業した、とまぁ、こういう事ですね。
もう、夜中に休もうとしても、「もっと働け」という上司はいない。
なぁんだ、もっと早く実家に帰って起業すれば良かったんじゃないか、とか思う。

カテゴリー: 種々雑多 | 実は昨夜・・・ はコメントを受け付けていません。

書籍だけに頼るビジネスの勉強は、楽ではない

書籍によるビジネスの勉強は、かなりの高確率で、挫折する可能性がある。
これが、励まし合い競い合う仲間(友人ではない)が存在するとかなら、挫折しかかった時に、短期間で復活する助けになるのではないかと思う。

実際、大量の「これだけは読んでおこう」のビジネス書の定番が「何でこんなにあるんだよ、読み切れないだろうが!」という程に存在する。
有名な所では「シュガーマンのマーケティング30の法則」を皮切りに、ダン・ケネディの大量の書籍、マイケル・マスターソン、リッチ・シェフレンなど、著者名を書いただけで、へたばる様な数なのです。
しかも、一人一人が何冊も本を書いているから、追いかける側は息切れ。

彼らのみならず、彼らの弟子にあたる人達も有益な書籍を出版していらっしゃる。
正直な所、これでは消化不良を起こすに決まっている。
世の中のマーケティングをナリワイとして成功を継続している皆さんは、どうやって怒涛の情報を乗り切っていらっしゃるのか、教えて頂きたい。

こういうのは「弱音」ではなく「助言」を欲している、と解釈してもらいたい。
それなりの高いお金を払って、通信講座を受けたり、あれこれと努力しているのだから、ここで利益を出さずに降りる気はない。効率の良い方法を教え合う、励まし合う仲間がいて、助言しあえたら助かる、という話です。

地方在住だから、東京、大阪みたいにセミナーが頻繁に開かれるわけでもない。
旅行を兼ねて、それらに参加するなら、交通費、宿泊費も馬鹿にならない金額。
それでも、じっとしていても仕方ないので、とりあえず何らかの行動を起こす事。
行動しなければ、何も始まらないのは事実だもの。

カテゴリー: 種々雑多 | 書籍だけに頼るビジネスの勉強は、楽ではない はコメントを受け付けていません。

起業する人はスーパーマンでなくちゃいけないか?

これは誤解だ。起業する人は何でもこなす、スーパーマンであるの越したことはないが、必要な事を工数に落とすなり、必要な要素を使うか使わないか選択できる、判断力のある人であれば、何とかなる。
技能は、出来る人を見つけて、お金を払って発注すれば良い。

男性の私に女性の声を出せと言われても(出せる人もいますけど)それは私には無理。
起業するならば、経営の中心については軽くでも学習しておくことは必須かな。
単純に言えば、書店で本を一冊買ってきて、バランスシートの勉強はしておこうよ。

それから、お客様になってくれそうな人たちが、何を欲しているのかをちゃんと見極めて、それを提供することでお客様に幸福になってもらい、その分の報酬を払ってもらえば全く後ろめたくない経営が出来る。(書くまでもなく、麻薬なんぞを売ったらダメです)

さて、私はイラストを描くのが苦手ですし、今もちょっとずつ練習しています。ただし、商品に使うレベルには程遠い。その代わりにイラスト描きの参考書は大量に購入し、基本を勉強しました。ポーズ写真集とかも買い込んでいます。
取引相手のイラストレーターさんにそれらの写真集から選択したポーズを教え
「基本的にはこのポーズで、上半身はこういう風に曲げて、顔面はこんな角度で表情はこう。髪の長さはこれこれで、服装はこういうのにして・・・」
という指定をして発注します。
一度はラフ(下書き)を出してもらい、修正して欲しいもの、気づかなかった指定の追加をして、カラーのイラストに仕上げてもらって、問題がないなら制作完了、納入済みとなり対価を送金します。

ここで「問題がないなら」の判断は、私がするのですが、その時に役立つのが大量の参考書やポーズ写真集で肥やした、不自然さを見つける目。
もっとも、現在密接にお仕事をお願いしているイラストレーターさんは、スキルが高く、ラフの段階での追加した指定の通りに綺麗に仕上げて下さるので、助かっています。

そういえば、前に頼んだ別のイラストレーターさん、人体ではありえない関節の曲がり方とか、身体の中央にあるべき部分がズレているのに全く無頓着で使い物にならなかったなぁ。その時は向こうが途中で音を上げてくれたので、仕事の依頼をスムーズに打ち切りました。

なお、類似の事は朗読劇のデータでも発生します。
確認せずに納入したのか、データを再生するとノイズまみれ。
作り直しを頼んでも、多分、同様だろうから、契約した分の対価を払って終わり。

Twitterで「この時期の商品リリース、一つ潰れました。音声、画像ともデータの出来が使えない物でした」とつぶやいて、オシマイ。
(この時のイラストレーターさん、実力があるはずなのに、えらくバランスの崩れた物を納入して来て、音声もイラストも使えなかったのです)

どこの誰がそれをしたか、とは一言も書いていないし、音声、画像、どちらにもきちんと契約した対価を支払っているので大損ですが、全く後ろめたさはありません。

カテゴリー: 種々雑多 | 起業する人はスーパーマンでなくちゃいけないか? はコメントを受け付けていません。